断熱性と熱反射性に優れ、施工しやすい資材エアパイプカバー(APC)

エアパイプカバーとは

エアパイプカバーとは、気泡緩衝材の両面にアルミ箔を熱溶着したものです。

気泡緩衝材の持つ断熱性とアルミの持つ熱反射性の2つの効果によって薄くても高い断熱性を発揮。アルミ効果で清潔な空間が作られます。

エアパイプカバーの4つの特徴

  • 耐湿性に優れている

    素材の耐湿性が高く、濡れによる性能低下がない。

  • 高い断熱性能

    熱反射性があるので、空気層との組み合わせで高い断熱性能が期待できる。

  • 材料費のコストダウン

    薄型なのでラッキング材料費が削減可能。
    何度使い回しても、高い断熱性能は変わらない。

  • 作業性向上

    従来の断熱材と比べて、粉塵が出ない、チクチクしない、軽量で切断が簡単。

施工事例でわかるエアパイプカバーの優位性

項目 改善前 改善後
使用材質 グラスウール 保温筒
(アルミ付 50A 20mm)
ラッキング
エアパイプカバー
アルミテープ
ビニル被覆亀甲金網
材料コスト グラスウール 保温筒:エアパイプカバー = 2:1
熱伝導率(W/m・K) 0.049 0.045
備考 - 通常屋内仕様で使用されるカラー金網の使用のみで済み、コストメリットがあった。

他製品との比較

エアパイプカバーのメリット

  • 屋外ではラッキングが不要
  • 結露状態でも施工可能
  • 組み合わせ使用による断熱設計が可能
  • 細かなチリやゴミが出ない
  • 耐湿性
  • 熱伝導と輻射による高断熱性
  • 水中でも断熱性能保持

主な導入事例

北区某病院 様

SAダクト
エアパイプカバー施工

施工年:0000年

施工前

クリーンルーム内の空調ダクトにエアパイプカバーを施工。

施工後

作業スペースが限られていましたが、エアパイプカバーは軽くて施工し易くスムーズに行えました。

お問合せ

施工に関するご不明な点やご相談、
お気軽にお問合せください

メールでのお問合せ

電話でのお問合せはこちら

tel:052-893-9844

FAXでのお問合せはこちら

tel:052-893-9845

よくある質問

Instagram

Copyright © K.F.C Co., Ltd. All Rights Reserved.